[GFA株式会社]

ファイナンシャル・アドバイザリー事業/不動産担保ローン事業

IRポリシー

基本方針

GFA株式会社(以下:当社)は、投資家、アナリストの皆様に対し、有用な情報をお届けするために適時・適正な情報開示を行っていく方針です。 具体的には、会社法・証券取引所等の関係諸法令、証券取引所の定める会社情報適時開示規則等に則り、投資判断に重要な影響を与える事項について開示を行い、それ以外の情報に関しても当社を理解していただく上で有用と判断されるものについては積極的に開示を行っていく方針です。また、当社の業績や将来性に対して理解を得るため、経営者自らが業績や将来性に関する情報を発信し、積極的なIR活動を行ってまいります。

情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所への事前説明の後、東京証券取引所の提供する「適時開示情報伝達システム」(TDnet)において公開し、メディアへの資料配布(プレスリリース)を行います。それに加え、情報開示の「適時性」「公平性」の観点から、TDnet及びプレスリリースにより公開した情報につきましては本サイト上で速やかに公開します。適時開示規則に該当しない情報を開示するにあたっても、適時開示規則の趣旨を踏まえて適切な方法による開示を行います。

将来の見通しについて

本サイトの掲載内容には、当社の計画、見通し、戦略などが含まれる場合があります。これらは、掲載日時点において入手可能な情報から得られた当社経営者の判断に基づいております。したがって、当社の業績、企業価値等を検討されるにあたってはこれら見通しにのみ依拠されることは控えていただくようお願いいたします。

IR自粛期間

当社は、各四半期の決算発表予定日の4週間前から発表当日までの間を「IR自粛期間」とし、この期間内は特定の投資家もしくは媒体に対する業績見通しについてのコメントを差し控えさせていただいております。この期間は、個別ミーティング及び決算内容や業績見通しなどに関する問い合わせへの対応を控えさせていただきますので、ご理解いただけますようお願いいたします。ただし、この期間中に重要な事実が発生した場合については、適時、情報開示を行います。

ページトップへ